FC2ブログ

もりのくまさんの楽しい毎日

ラグナロク中での毎日成長日記☆

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『凹凹トリオ アイン道中』  

最近 全く書けなくて済みません…
接続率が悪いのと 時間ある時はROに入ってるからブログ更新が…


そんな最近 蒼を上げたい為に蒼出現率が高い為
よわっちぃ純製造BSの蒼に付き合って下さってる シエルさんガンスリと
殴りプリのにーさんにお礼の気持ちで(嫌がらせとか言うなww)
久々に狩りの風景をショートストーリーで書いてみました~
っても 本当に創作入ってるので
ちゃんとした内容はその内ブログに書けたらいいな~ とか思ってます


シエルさんとにーさんに捧げますw
(あ そこっ!石なげちゃだめだww)










「あかん…鋼鉄が足りへん…しゃあないな~…」
「前 散々武器作ったんだから当たり前だろ?」

場所はアルデバランのカプラ前…
純製造BSの蒼は 倉庫の中身を確認しながら、落胆の声を上げ
傍で踊っているクリスマスゴブリンのぶにょ から冷たく突っ込まれ

「よしっ!今からアインベフにいくでっ」
「あっ!?なんだとっ!あの空気悪い場所にはあんま行きたくなぁぁぁ~~~」

倉庫を閉めた蒼は思いついた様にカプラから転送でイズルードに向かいながら言われた場所に
ぶにょは空気が悪くて好きではない場所であるアインベフに行くのを嫌がるも
空しく声だけが響き あって言う間に気球へ乗り込まれ…


「しゃあない奴やな…根性が足りわ」

空気が悪いアインベフに到着して 必要な物を買い込んでいた蒼は一人…
ぶにょは空気の悪さに耐えかねて、卵に戻ってしまい
蒼は小さくぼやきながら、再び倉庫を開いて

『こんちわー アインベフにいるみたですが、何してます?』
『なんや イズルさんwこんちわw鋼鉄作る為に石炭作りにきてるんや』

不意にPTを組んでる者同士にしか伝わらない会話が頭に響き
以前一緒にGDに狩りに行った際に崩して無かったPTがあった事に気付き
最近よく共にしているガンスリンガ―のイズニ―ルからの声に笑みを浮かべて答える


『なんでまた石炭?』
『作りたい武器があって鋼鉄を作ろうと思って…』
『じゃあ…鉄鋼を狩りにいきますか?』

それは勿論 助け舟!
純製造のBSが狩りを不得意とするのは当たり前であり
レベルも中々上がらない所だったため喜んでイズニ―ルの申し出に蒼は飛び付き

そして…ガンスリとBSでは心もとないとの所に
イズニ―ルの友人であり、頼もしい前衛殴りプリが姿を現して
トリオにて鋼鉄を確保する為に鉱山へと向かい

「言っとくが ヒールが飛んだらラッキーwだと思ってね?」

廃坑に入った途端 赤髪の殴りプリ朗は後を振り返り笑顔で言い切ると
二人に向かって手を伸ばして ふわりと淡い光が周りを包み 黒い黒衣がはためき

「マグニフィーカートっ!速度増加っ! よし!いくぞーっ!」
「おーw」

暗い廃坑には似合わない 元気の良い声が響き渡り 聖職者とは言えぬ勢いで鈍器を手にして
特攻する姿に、蒼もファイヤーサーベルを手にして向かって行き
その後を軽くため息をついたイズニ―ルが着いてゆき


「おっしゃーー 叩け叩けっ!」
「ラビットシャワーっ!」

現れてくるノンシャスやピットマンに向かって朗が特攻し 蒼と一緒に殴り
その背後にいるイズニ―ルが銃を両手に構え 凛とした声で叫ぶと
狭い空間に銃弾の音が響き渡り 倒して


「ガンスリ かっこぇぇなw」
「だねーw」
「SPが渇渇だから それが辛いトコだけどな…」

華麗に敵に銃弾を撃ち込んでゆく姿を間近で見ながら 敵がいない場所で座り込み
銃に弾を詰めるイズニ―ルに笑顔を見せて素直な感想を口にして
それに朗が賛同し、何言ってるんだと苦笑しながら答えながら再び銃を手にして立ちあがり
再び進もうとした時に

「やばいっ!」

薄暗い通路の先を進もうとした時にその 蠢く大きな影が現れたのに気付き
蒼やイズニ―ルにその危険を伝える為に短く叫び

「ぐぁっ!!」
「朗にーさん!?」
「逃げるぞっ!」

逃げるより先に現れた影 ウンゴリアントの爪先が朗の腕を切り裂き
上がった声に蒼が驚いて駆け寄ろうとするが
朗がどんな行動を取るか分かっていたイズニ―ルは蒼に逃げる様に叫んで…

「にーさん 大丈夫か?」
「あぁ そこまで大した事ない…聖なる神の息吹よ この傷を癒せ…ヒール!」

なんとか 朗がウンゴリアントを引き離し
3人揃って敵がいない場所まで逃げてくると 痛々しい朗の傷を見て
蒼は心配そうに見つめるが、朗は頷いて傷口にヒールを掛けて治して、大丈夫だとすっかり治った
腕を見せてやり

「もうちょい 耐えられると思うんだけどなー…」
「耐えんでいいっ!」

殴りプリとしては倒してしまいたいのか ちょっと物足りなげに呟くのを聞いたイズニ―ルは
一喝してしまい

そして一向は再び ピットマンの罠などを踏みつぶして突き進んで行って…


「お疲れさんでしたーw石炭とか鋼鉄とかはわいが買い取るから これがそれぞれの清算分や」
「ありがとーw」
「ありがとです」


集まった敵からのドロップ品を売ってきた蒼は イズニ―ルと朗にその清算分の金銭が入った
袋を渡して それぞれが受け取り


「毎度 わいに付き合ってくれてありがとうです」
「出世払いだからw」
「メイス作ってもらおうかなーw」

「……鉄鋼だけは集めて下さい…」


礼を言った蒼に 笑顔でその人の為だけに 手から生み出される銘入り武器を欲する
イズニ―ルと朗の笑顔に ミニグラスを指先で挙げつつ苦笑して、
せめて鋼鉄だけは集めてくれたらと言う蒼は
こっそり余ったスキルポイントを 短剣だけでなく、メイスや斧が製造できる様に
振るのであった…

純製造BSとガンスリ そして殴りプリという
なんだか凹凹だけど面白い そんな不思議な面白いトリオの ある狩りの物語……

category: ショートストーリー

tb: --   cm: 4

コメント

おおーー!

やった無駄にかっこいいww
リクエストどおりですっげ嬉しいですよ

ウンゴリはねぇ、HW兄貴だったらいいカモなんで、
つい突っ込みたくなります
想像以上にASPD早かったよw 
いつか相手できる日が来るのだろうか・・・
まだまだ育ち盛り、時間が合うときにまたご一緒しましょーーw
そしていつか武器作ってもらえるよう
俺も頑張らねば!

朗 #eqP7eH0Y | URL
2010/06/16 01:51 | edit

確かに『無駄に』格好いいよな。>朗

は、いきなり伝言から書き始めているw

OK出したすぐ後のアップでびびりました。
仕事早いよ!
(色々あって自分の書き込みはごっつ遅れてしまったわけですが……)
上でも述べてますがウンゴリさんは近接相手だと骨の折れる相手です。
自分とこのローグが奴に挑んで何回転したことやら……。
現時点でのガンスリで全力尽くした場合を計算したところ12発程撃ち込まないといけないそうで、それまでに全滅することは確定かとw
というわけで、倒せる可能性が出てきたらしばく方向で、それまでは手頃な敵をのんびり狩ろうじゃないですか。
 ↑勿論また連れて行く気満々ですヨ。

miecha #ReDJDbc2 | URL
2010/06/18 10:28 | edit

Re: おおーー!

カッコいいというか、結構そのまんまに書いたつもりなんですが…
そんなに無駄にかっこよかったかな?
書けて楽しかったです♪
いつか あのメンバーでもウンゴリ倒せる日がくるかは怪しいですが(特に蒼が)
またどうぞ一緒に狩りに行って下さいねw
そして、また嫌がらせの様にお二人を書くんだb


いつか武器がにーさんにもプレゼント出来たら嬉しいです♪
鋼鉄を一緒に取りにいきましょうねー^^

フォレ #3hri4u1c | URL
2010/06/18 12:14 | edit

Re:

そんな 無駄 にを強調しなくてもww
ガンスリのシエルさんも格好よくもっと書きたかったんですが、うまく書けなかったのが口惜しい…
ので、また 書くかもしれませんので、ご容赦くださいw(マテ;

ウンゴリさんはまだ無理っぽいので、いつか倒せるその時までは 他の敵を殲滅していきましょう♪
また一緒に行ってくださいねー♪
有難うございましたw

フォレ #3hri4u1c | URL
2010/06/18 12:18 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。